今後開催予定である
トーキョーグリモワールの通年イベント
『QMAジャパンツアー2016 賢神降臨』。


これまでも各地で開催されてきた店舗大会を
公式大会として認定し、
大会のグレードと成績に応じてポイントをつけていく。
ポイント上位のプレイヤーが、
年度末に開催予定のグランドスラム大会にて勝負し、
全国一位の賢神を決めようというイベント。


なかなかに大掛かりなイベントではあるのですが、
気がかりな点もあります。
このジャパンツアー、ミドル以下のレベルのプレイヤーにとっても
楽しめるものなのでしょうか?


通常の店舗大会ですら、
ドラゴン組とフェニックス組を
行ったり来たりしているようなプレイヤーが優勝するというのは
聞いたことがありません。


まして通年イベントで、複数の大会を勝ち抜き
上位争いに関わるなんて、不可能でしょう。 


ひたすらストイックに努力してきた強豪プレイヤーらを相手に
たいした武器もない、プレー時間も少ないミドル以下層では
勝負になるはずがありません。


しかし先日、違う競技の話題ではありますが
そんなくすぶったような状態から一転、
次々勝利を積み重ねて
ついには優勝してしまった例が現れました。




岡崎所属のレスターが奇跡の初優勝!
クラブ創設132年目で歴史的快挙達成





このレスターさん、ここ数年は
プレミアと2部リーグを行ったり来たりが定位置で、
数年前には3部リーグまで降格したこともあるそうです。
今シーズンは監督の地道な采配や
カウンター主体のスタイル、
若くないベテラン選手たちの能力の開花などが相まって
開幕から快進撃を続けてきました。


リーグ開始時の優勝オッズは驚愕の5000倍!
チームの目標も「プレミア残留」だったといいます。
そんな状態からでも優勝できるのです。


ドラゴン組とフェニックス組を行ったり来たり、
時にミノタウロス組まで落ちてしまうような状態だとしても…
今はパッとしないあなたの武器が
ヴァーディよろしく炸裂する日が来るかもしれません。


マンチェスター・ユナイテッドにはなれなくても、
レスターにはなれるかもしれない…!
そんな気概で、QMAジャパンツアーに
チャレンジしていってはいかがでしょうか。




※4月の発表会イベントによると、
公式大会には、参加賞的なものが用意されるようです。
アイテムや通り名などゲーム内部のものになるか、
粗品のような形のあるモノになるかは未定。
上位プレイヤー以外もぜひ参加して
QMAを盛り上げていけたらいいですね。