他の形式の区別とは異なり、
「アニメ・ゲーム」の中の「漫画・ノベル」、
「スポーツ」の中の「野球」など、
ジャンルをさらに細かく分けた区切りの中から
ランダムに他形式の問題が選ばれて出題されます。
例えば芸能の「音楽」サブジャンルなら、
音楽に該当する問題の中から
「◯×」「順番当て」「エフェクト」など
1問ごとにランダムに選ばれて出題されます。
また、通常は選択できない形式の
「画像タッチクイズ」も出題されます。


各ジャンルごとに、3種類のサブジャンルがあります。
ノンジャンルにはサブジャンルに該当する形式はありません。


好きなサブジャンルのある方は
これを極めていくのもオススメ。
実際これを武器にしている人も多いです。
ただし、各形式は選択できないので、運が悪いと
苦手な形式ばかり出題されたり、
答えやすく差がつきにくい形式ばかりに偏ったりもします。 




トーキョーグリモワールでの変更点



サブジャンルの種類に変更はありません。
理系の「物理・化学」の出題時の表示が「物理・科学」になりましたが、
これは不具合のため、5月末のアップデートで修正になりました。


サブジャンルは、形式選択画面で上にあるものから
順番に開放されていきます。
Qレベル35で一番上のサブジャンル、
Qレベル40で真ん中のサブジャンル、
Qレベル45で一番下のサブジャンルが
選択できるようになります。
開放までにそれなりにプレー数が必要ですので、
サブジャンル使いの方は
それまでの「つなぎ」の武器を
考えて鍛えていく必要があります。